ギター 初心者

どれがいいの?初心者のためのギターの選び方(エレキギター編)

初心者 エレキギター

 

 

こんにちは、ギター初心者の館へようこそ。

 

これからギターを始めようと思っているそこのあなた。

 

「ギターって沢山あって、どれを選んだらいいのか分からない」

 

「最初はいくらくらいのギターを買えばいいの?」

 

と悩んでいませんか?

 

 

確かに、これからギターを始める人にとってみれば、
弾けないから試奏も出来ないのに、数あるギターの中から

 

どれが良いものなのかを判断しなければならないわけですから
ハードルが高く感じますよね(^^;

 

 

でも、ポイントさえ押さえてしまえばそんなに難しいことではありません。

 

ということで、
初心者の方がギターを買う際に知っておきたいことをまとめてみました。

 

最後まで読んで頂ければ、あなたのギター選びのお役に立てると思いますよ。

 

 

今回はエレキギター編です。

 

 

>>アコギ編はこちら

 

 

そもそもエレキギターって何?

 

簡単に説明すると…

 

ギター本体に埋め込まれているピックアップ(マイク)で

 

弦の振動を拾い、電気信号に変えてアンプ(スピーカー)

 

から音を出して演奏するタイプのギター

 

です。

 

アコースティックギターとの大きな違いは、ボディが空洞になっておらず、

一枚の板状になっているところです。

 

そのため、「ソリッドギター」なんて呼ばれたりもします。

 

アンプから音を出す際に音質を色々と変化させることが出来るので、

 

クリーンな音からギュインギュイーンと歪んだ音まで、
楽曲のジャンルに合わせて多彩な音が出せるのが特徴です。

 

 

エレキギターの種類について

 

 

さて、そんなエレキギターにも色々な種類があります。
まず、原則としてエレキギターは

 

ボディの形状が違う = 種類が違う = 音の特徴が違う

 

という感じで覚えておいてください。(もちろん例外はありますが)
では、どんな種類があるのか実際に見てみましょう。

 

まずは画像を見て、どんな形があなたの好みなのか?
ということだけでも選んでみてください。

 

 

ストラトキャスター

ストラトキャスター

 

エレキギターといえばこの形を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
レスポールタイプのギターと肩を並べて知名度が高く人気のモデルです。

 

ジャキジャキとした歯切れの良い音から、太く甘い音まで、
多彩なサウンドメイキングが出来る。

 

ボディの形状も体にフィットしやすく弾きやすい。

 

初心者から上級者まで幅広く使われているギター。

 

ピックアップの特性上ノイズを拾いやすいのが欠点。

 

 

レスポール

レスポール

 

ストラトとならんで代表的なタイプのギター。
日本では、B’zの松本孝弘が愛用していることで有名。

 

ストラトタイプのギターに比べて図太いパワーのある音が出せるのが特徴。

 

ロック・パンク・ヘヴィメタルを弾きたい人におすすめ。

 

ボディ形状の特性上、ハイポジションが弾きずらいのが難点。

 

 

テレキャスター

テレキャスター

 

ストラトタイプと同じくジャキジャキした歯切れの良い音が特徴。

 

サウンドバリエーションはストラトほど多くはないが、
かわいらしい形状もあわせて人気は高い。

 

弾き手の技量が音に出やすく、玄人好みでもある。

 

 

SG

SG

 

レスポールで有名なギブソン社より発売されているギター。
ボディが薄くなっており、角が特徴的。

 

ボディが薄いため、軽く弾きやすいというメリットがあるが、
軽すぎるが故に重量バランスが悪く、ネック落ちしやすい。
(ネック落ちとは、ギターをストラップでかけた際に
ネック側が下がってしまい、弾きずらくなってしまう現象。)

 

音は中音域が強め。

 

音色の使い勝手は悪くないが、初心者にはおすすめしない。

 

 

ムスタング

ムスタング

 

アニメ「けいおん!」であずにゃんが使用していたことで人気が爆発したギター。

 

他のギターに比べてネック長が若干短くなっており、手の小さな女性でも弾き易い。

 

ストラトタイプと似ていてチャキチャキした歯切れの良い音が特徴。

 

ボディも小ぶりで扱いやすいので、初心者にもおすすめ。

 

 

ジャズマスター

ジャズマスター

 

ムスタングと形状は似ているが、別物。

 

ジャズマスターという名前ではあるが、ジャズで多く使用されているわけではない。

 

ストラトタイプよりも少し太くコシのある音が出せる。

 

演奏性があまり良くないと言われており、初心者にはおすすめしない。

 

 

フライングX

フライングV

 

最大の特徴はこの見た目。

 

音は太くパワーのある音が出せるため、ロックやヘヴィメタル向け。
目立ちたい人におすすめ。

 

座って弾きづらいため、初心者にはおすすめしない。

 

 

セミアコ

セミアコ

 

アコースティックギターのような空洞と
エレキギターのソリッドボディを併せ持ったギター。

 

クリーンな音から歪んだ音まで、意外と色んなジャンルに対応できる。

 

ジャズギタリストが多く使っているタイプ。

 

 

どうでしたか?あなたの好きな形はありましたか?

 

アコースティックギターと比べてボディに空洞を作る必要がないので、

 

自由にデザイン出来るのはエレキギターならではの特徴です。

 

その他にもいろんな形がありますので、ぜひあなた好みの1本を見つけてみてくださいね。

 

 

初心者がギターを選ぶポイントは?

 

見た目、価格、演奏性、音の特徴、ブランド、材質etc…

 

ギターを選ぶ際のポイントは色々ありますが、

 

全てを吟味していてもキリがありませんので

 

初心者の方は以下の3点で考えればいいかと思います。

 

 

見た目で選ぶ

 

見た目は大事です。
先に紹介したとおり、いろんな形がありますしカラーバリエーションも豊富です。

 

初心者の方は見た目で選ぶのも全然ありです。

 

あなた好みのギターを選べば愛着も沸いてモチベーションも倍増します。

 

ピックアップがどうとか、木材がどうとか言われても良くわからないでしょうし、
そういったポイントでギターを選ぶのは良し悪しがわかるようになってきてからでも全然遅くないですからね。

 

 

価格で選ぶ

 

初心者用のギターでしたら大体1万円〜5万円くらいで売っています。

 

いきなり高級ギターを買うのもありですが、個人的にはあまりおすすめしません。

 

 

 

好きなアーティストで選ぶ

 

あなたがどんな曲を弾きたいか。

 

好きなバンドのギタリストと同じタイプのギターを買うのもありです。

 

 

 

どこで買えばいいの?おすすめの販売店は?

 

さて、欲しいギターは何となく決まってきましたか?

 

それではいよいよギターを買いに行くわけですが、
一体どこで買ったらいいのでしょうか。

 

 

楽器屋さんで買う

 

一番良いのは楽器屋さんに行って、直接買うことです。
楽器屋さんで購入することの一番のメリットは、試奏できることです。

 

「でも、試奏って言っても初心者だから何も弾けないよ…」

 

と思いますよね。

 

なので行くならギターを弾ける人と一緒に行く事をおすすめします。
ギター弾ける人が周りにいないという方は、店員さんに弾いてもらうことも出来ますので、

 

「音聞いてみたいんですけど弾いてもらえませんか?」

 

って声をかければ、気軽に対応してくれますよ。

 

 

オンラインストアで買う

 

近くに楽器屋さんがない…(´;ω;`)
という方はオンラインストアでの購入もありです。

 

ただし、大手通販サイトのAmazonや楽天なんかで買うよりは
楽器屋さんのオンラインストアで買うことをおすすめします。

 

品ぞろえが違いますし、商品のケアが行き届いています。

 

 

>>イシバシ楽器オンラインストアはこちら

 

 

オンラインストアでは試奏できないのが最大の弱点ではありますが、
そもそも初心者の方にとってみれば試奏してみたところでよく分からない
でしょうから、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

そしてメリットとしては、品揃えが豊富なところです。
格安の初心者入門用セットなんかもたくさんあります。

 

これは展示スペースの限られている実店舗では出来ない強みですね。

 

 

いくらくらいのギターを買えばいいの?価格による違いは何?

 

 

ギターの価格帯について

 

  • 1万円〜3万円   … 入門用 当たりハズレがある。
  •  

  • 3万円〜6万円   … 初級〜中級者用
  •  

  • 6万円〜10万円  … 品質がしっかりしてくる
  •  

  • 10万円〜30万円 … 有名ブランドのギター
  •  

  • 30万円以上     … ハイエンドギター、ヴィンテージギター

 

ざっくりですがこんなイメージです。
昔は入門用の激安ギターは作りが粗悪な物が多かったのですが、
最近は、安くても品質の良い物が増えてきているようです。

 

お金に余裕があるのでしたら、高いギターを買えば間違いないですが、
最初の1本を買うなら、予算の中で選べば十分かと思います。

 

 

価格によって何が違うの?

 

価格によって何が違うのかというと、製造している国や使用している木材、
工場によるライン生産なのか、一人の職人による手作りなのか。
使っているピックアップなどのグレードやブランドなどなど…

 

最初の内は違いが良く分からないと思いますので、あまり気にしなくてもいいです。
「2本目のギターが欲しい」ってなってからでも全然遅くはないです。

 

 

中古のギターを買うのはどうなの?

 

中古でギターを買うのも全然ありです。
ただし、初心者の方には目利きが難しいと思うので
少しハードルは高いかもしれませんね。

 

ギターをやっている知り合いがいるようでしたら、
一緒に連れていくと良いと思います。

 

また、中古ギターを買う際に注意しておきたいポイントを
まとめた記事もありますので、気になる方はぜひこちらもご覧くださいませ。

 

>>初心者が中古ギターを買う際に注意すべき5つのポイントとは

 

 

ギターの他に必要なもの

 

ギター本体の他に、そろえておく必要のあるものは以下の通りです。

 

  • ピック…右手で弦を弾くときに使う三角形のやつ
  •  

  • チューナー…各弦の音程を合わせるのに使う
  •  

  • 弦…消耗品
  •  

  • アンプ…ピックアップで拾った音を出力するためのスピーカー
  •  

  • シールド…ギター本体とアンプを接続するコード
  •  

  • クロス…ギターを拭き上げてお手入れするために必要
  •  

  • ギタースタンド…ギターを立てかけるためのスタンド。必須。
  •  

  • 教材…これも必須です。もしくは教室に習いに行く。

 

 

個別に買うのが面倒でしたら、
初心者入門用ギターセットなんかを買うとほとんど付いてきます。

 

>>失敗しないギター初心者セットの選び方

 

 

ギターが上達するためのコツは?

 

 

最後に、ギター歴20年の私からのアドバイスです。
とにかく楽しんで弾くということを忘れないでください。
そうすれば自然と上達していきます。

 

  • たとえ15分でもいいから毎日ギターを触る
  •  

  • 練習に行き詰まったら、気分転換をする。
  •  

  • 寝て起きたら弾けるようになっているはよくある。
  •  

  • 楽しんで弾く。辛くなったら無理に続けない。

 

>>初心者のための絶対に挫折しないギター練習方法とは?

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
一人でも多くの方にギターの魅力を知ってもらえたらうれしいです。

 

 

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!

 

 

 

 



トップページ メニュー